「分かった!」という嬉しさが、勉強を面白くする。好きにする。

悩んでいた問題が解けた瞬間の、晴れやかな気持ち。その嬉しさや感動を、私たちは大切にします。どの教科でも、発見はやる気を呼び起こします。上から詰め込み式に教えられているだけでは、なかなか巡り会うことのできない「分かった!」「嬉しい」「もっと知りたい」という感動を、一人でも多くの子どもたちに、WINで体感してほしいと願っています。

小学校の時には良い成績だったのに、中学校で思うように得点できない理由、小学校では同じような得点だった級友と格差が出来る理由は、学習習慣が定着しているか否かによるところが大きいと言えます。

家庭学習が宿題だけという状況では、習慣がつくほどの学習量ではありません。質・量ともに適切な学習を加え、短時間でも「毎日考える時間」を与えることで、初めて学習習慣は身に付きます。そういう意味では、小学校から塾に通うことは、大切だと言えるでしょう。

また将来必ずやってくる高校受験についても、中学生になった時点で学力差がついているのであれば、学習習慣のついた子どもとそうでない子どもでは、自ずと志望校のランクが変わってくるのも事実です。

学習習慣を身につけるか否か。WINは小学校の時点で、既に高校受験に向けた学習は始まっていると考えます。中学3年生の時点で、トップレベルの高校をねらえる学力を養うこと。それがWIN小学部の目標です。

【開講科目】
■小4:算数・国語
■小5:算数・国語
■小6:算数・国語・英語